スマートフォン解析

食べながら痩せることは出来るか?基礎代謝の数値を上げることがポイントだった!

食べながら痩せるというのはすべての女性にとっての理想でしょう。そして、これは実は簡単なのです。

最初こそ運動慣れしていない人は大変ですが、一度習慣がついてしまえば、むしろ食事制限をするよりもよほど楽にやせることができます

sponsored link

運動習慣があれば、いくら食べても太らない

運動習慣があれば、いくら食べても人間は太りません。もちろん、運動した量を超えて食べると太りますが、たくさん運動してそれを超える分食べるというのはかえって大変です。

人間の体というのは、食べ始めてしばらくすると満腹感が襲ってきて、それ以上ははいらなくなりますから、大量に運動していてカロリーが不足していたとしても、一定の食事時間を超えると、もう食べる気がしなくなるのです。

なので、運動を大量にすると、それ以上に食べるということが、あるラインからはなくなるわけです。そうなると、後はひたすら痩せる一方なんですね。

実際、たくさん食べるというのは一定レベルを超えると至難の業で、だからこそお相撲さんは「食べるのも修行のうち」なのです。

できるだけたくさん食べられるように、運動が終わったら間髪入れずにすぐに大量に食べるんですね。そうして満腹感が襲ってくる前の、腹ペコな時間のうちに大量に詰め込むというわけなのです。

一度基礎代謝の数値が上がると、何もしなくても痩せる

何もしなくても痩せるというと嘘のようですが、一度基礎代謝の数値が上がった人は、本当に何もしなくても痩せます。その筋肉を維持するために、体がカロリーを勝手に消費するので、特に運動をしていなくても自然とカロリーが減っていくからです。

もちろん、本当に何もしないと筋肉も衰えていき、基礎代謝の数値も下がってしまいます。

しかし、筋肉を維持する程度に運動していれば、基礎代謝の数値は十分高いレベルで保つことができるでしょう。

そのようにして常にカロリーが消費されている状態だと、いわば「体が温まっている状態」なり、運動をし始める時にもさほど億劫に感じません。

ムダな脂肪も落ちていて体も軽やかに動くので、運動していても楽しくなります。

楽しければ続くというのは何でもそうなので、こうして運動が楽しくなり、さらに運動ができるようになり、さらに痩せてモチベーションが上がるというように、いちど基礎代謝の数値が上がると、その人のダイエットはどんどん好循環に入っていくと考えていいでしょう。

低糖質の食事をすると食べていても太りにくい

また、低糖質ダイエットという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、糖質を制限しても太りにくくなります。

糖質は炭水化物から発生します。ですから、基本的には炭水化物の摂取を避ければ良いのです。

しかし、炭水化物は、日本人の主食であるごはんだけではなくて、パンや麺などにも含まれています。ですから、なかなか制限するっていうのは難しいんですね。

では、どのような食べ物を食べればよいのでしょうか?

そちらに関してはこの記事を参考にしてみてください。

>> ダイエットに効果的な食べ物とは何か?

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ