スマートフォン解析

気をつけたい!食事による女性ホルモンへの悪影響

女性ホルモンを増やすためには食生活を改善するということも効果的です。

ここでは、どのような食事をすると女性ホルモンが増えるのか、あるいはその働きが活発になるのか、それを説明します。

過食、無理なダイエットなどは女性ホルモンの作用を弱める

まず、当たり前と言えば当たり前ですが、過食や無理なダイエットなどは女性ホルモンの働きを弱くします。

そもそもこれらは動物として不自然なことであり、女性ホルモンの働きが鈍るだけではなく、すべての体の機能が衰えてしまいます。

なので、くれぐれも過食や無理なダイエットはしないようにしましょう。

過食の場合、ちょっと食べ過ぎ程度なら、運動をガンガンしていればむしろいいことですが、無理なダイエットは栄養素すら不足するということでどう考えてもプラスがないですから、絶対にやめましょう。

 

ファーストフードやジャンクフードを控える

ダイエット

これもよく言われることでもう耳タコかも知れませんが、ファーストフードやジャンクフードをできるだけ食べないようにするということが重要です。

と言われていても「何となく好きだから」「安いから」という理由でこれらの食事を食べてしまう女性は多いでしょう。

しかし、これらが「何となく好きだから」と感じられるのは、中毒性の強い味付けをしているからであり、それに騙されてはいけません。

好きだから食べているというより、タバコなどと同じくただの中毒なのだと意識した方がいいでしょう。

揚げ物を食べないようにする

揚げ物はWHOなどでも健康に百害あって一利なしと報告されています。

すべてオリーブオイルで揚げたという贅沢な揚げ物であれば問題ないですが、普通の油で揚げたものはダメです。

理由は、揚げ物は酸化しやすいからです。

酸化というのは体にとってイコール老化なのですが、こうした食べ物を食べていると、体がどんどん酸化してしまいます。

当然女性ホルモンの働きも鈍り、数も減少してしまうので、このような食事は控える必要があります。

一方、プラセンタはこうして揚げ物なので発生した活性酸素を除去する力があるので、こうした食事を長年してきた人は特にプラセンタを摂取するようにしましょう。

プラセンタには他にも多くの効能がありますが、プラセンタと正しい食生活を合わせて実現することで、より女性ホルモンを分泌しやすい、女性ホルモンが活発に働く体を作ることができます。

特に年を取ると現れてくる更年期障害も、女性ホルモンを分泌させていくことで改善していくことができます。

つまり、更年期障害などにもプラセンタは効果的っていうことですね。

>> 更年期障害には動物性プラセンタがおすすめ

美容や健康にこだわる方はぜひ意識してみてください。

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ