スマートフォン解析

肥満になるのは遺伝(生まれつき)のものなのか?

太る

  • 肥満は遺伝するものか?
  • 生まれつきのものなのか?

という疑問は多くの方が抱えたことがあるでしょう。

結論からいうと、遺伝や生まれつきである場合もありますが、肥満はやはり後天的な原因が多いです。

sponsored link

肥満が遺伝するケース

これは肥満がそのまま遺伝するというわけではありません。当然ですが、生まれた時から赤ん坊が肥満体ということはないからです。

では何が遺伝するのかというと、体の中で糖分を分解する機能などです。これが親の世代から衰えていて、それが遺伝してしまった場合は、その子供は生まれつき太りやすい体質になります。

その他の肥満の場合も、直接の遺伝はなくても、親の影響を色濃く受けて育ったために「習慣が遺伝する」ということはあります。

習慣が遺伝するメカニズム

習慣は遺伝しないと思われていますが、習慣も体質と同じように遺伝します。習慣とか性格というのは、理性を司る大脳新皮質と、本能を司る大脳辺縁系の発達のバランスによってある程度の部分まで決まりますから、まずはこの時点でだいぶ遺伝しています。

そして、たとえば一緒の寮で生活している女性の生理周期が一緒になるというように、人間は近くにいる人の行動を、肉体レベルでコピーするようにできています。そのため、小さい頃という一番他人から影響しやすい時に一緒にいた親の習慣というのは、一番遺伝しやすいのです。

そのため、親が太りやすい生活をしていたら、その習慣は子供にも遺伝しやすくなります。

具体的には、

  • 運動しない
  • 体に悪いものを食べる
  • 生活が不規則である

などの要素です。

こうした要素が重なっていると、子供も太る可能性が高くなります。

子供を育てるなら、自分がまずいい習慣を身につけること

自分がいい習慣を身につけずに、子供を叱ってばかりいる親というのはよく見かけますが、これは完全に間違っています。子供を育てるなら、完璧ではなくてもまずは親自身がしっかりした人間になることが大切で、いい習慣を身につけることが大切です。

太らないための習慣というのは、栄養バランスのとれた食事をするとか、規則正しい生活をするとか、運動をするとか、すべての美容や健康に通じることであり、仕事ができる人間になるためにも大切なことです。

つまり、こういう習慣を持っている親に育てられた子供は、太りにくい体質になるだけでなく、人生のありとあらゆる面で充実した毎日を送ることができる、とも言えるのです。

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ