スマートフォン解析

ペットボトル飲料を購入する際に避けるべき人工甘味料はコレ!

痩せたいからという理由でカロリーオフ飲料を飲む人も多いのは事実。

しかし、本当に痩せたいのであれば、そういった甘い飲み物を飲むのではなくて、水を飲むべきなんですよね。

今回の記事では、カロリーオフ飲料などのペットボトル飲料に含まれている避けるべき人工甘味料をご紹介します。

避けるべき人工甘味料はこれ!

ダイエットコーラだとか、カロリーオフ缶コーヒーなどには、以下の様な名称の成分が含まれています。

  • アセスルファムK
  • アスパルテーム

これらの人工甘味料が使われているのであれば、絶対に摂取してはいけない飲料です。

ほぼカロリーオフというキーワードで売られている商品には含まれているので、気をつけて原料を見てみてください!

 

人工甘味料・アスパルテームとは?

アスパルテームは砂糖の約180倍もの甘味を持つ、人工甘味料で、カロリーオフ系の飲料にはかなり含まれていることが多いです。

砂糖よりも簡単に甘味を感じさせることが出来るために、少量で美味しそうな味を出せて安上がりですから、飲料業界では使ったりするんですね!

安く出来て、美味しいと思わせることが簡単なので(砂糖よりも180倍の甘味を持つため)飲料業界では使われているというのは恐ろしい事実。

人々の健康よりも自分たちの利益を追求する姿勢は企業としてはどうなのかなとも思います。

こういった企業が生き残るのではなくて、しっかりとした商品を提供している企業が生き残って欲しいのですが、カロリーオフのように甘い言葉に騙されてしまうんですよね。

簡単にできてしまうとか、楽になるという言葉の裏には何かが隠されていることが多いです。

しっかりと下調べをしたうえで、商品を購入したいものです。

人工甘味料・アセスルファムKとは

そして、もう一つ、アスパルテームの他にもアセスルファムKも人工甘味料として多く使われています。

このアセスルファムKも砂糖の約200倍の甘味を持つ、人工甘味料であり、様々なカロリーオフ飲料などに使われています。

一度コンビニなどに行った時にでも、原料を見てみると良いでしょう。

このアセスルファムKは非常に体内で分解されにくい物質であり、マウスなどの動物実験では肝臓機能に障害が出たりなど重篤な状態に陥ることがおおいのです。

人間も同様です。大量にこういったものを摂取し続けると、身体は蝕まれていきます。

 

他にも避けるべき人工甘味料などはたくさんあるが・・・

他にも避けるべき人工甘味料はたくさんあります。

しかし、主に気をつけるべきなのは以上の2つです。

アスパルテームとアセスルファムK。

これら2つの名称は覚えておいてください。

そして、そういった名称が使われている飲料や食べ物は摂取しないように気をつけてください。

みんなが食べているから、飲んでいるからという理由で摂取し続けると危険です。

数年後、数十年後のことを考えてしっかりと生活していきましょう。

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ