スマートフォン解析

アスパルテームが含まれている食品は子供に食べさせるべきではない

人工甘味料はいろんなお菓子ペットボトル飲料に含まれています。コンビニやスーパーなどで楽だからという理由でお菓子やペットボトル飲料を子供に与えている家庭も多いでしょう。

しかし、子供の将来を考えると、そしてあなた自身の将来を考えるとそのようなことは避けて行くべきなのです。なぜ、人工甘味料は避けるべきなのか?それを今回はご紹介します。

アスパルテームやアセスルファムKなどの人工甘味料は避けよう

人工甘味料と言っても色々と有りますが、特に気をつけるべきなのは、アスパルテームアセスルファムKです。これら2つの言葉には特に注意をして、商品を見てみてください。

コンビニやスーパーなどで売っているペットボトル飲料やお菓子類には、これらがかなりの高確率で含まれています。特に安く甘い味を出したい場合によく使われるので、安いお菓子や、ペットボトル飲料にはほぼ間違いなく使われている事があります。

なぜ使うのかというと、少量の人工甘味料で非常に甘い味を出せるために、製造費用が安くすみます。普通の砂糖を使う場合に比較して、甘さは約数百倍にもありますからね。

それだけコストがかからなくなる分、人々の健康のことは考慮せず、人工甘味料を使う企業は多いのです。まあ、少しでも安く!そうじゃないと買わない!っていう消費者の方も悪いには悪いですが。。。

今後はそういったやすければ購入しようということではなくて、自分でしっかりと知識をみにつけて、自分の健康のために商品を購入してもらいたいものです。そうせずにやすければ買うっていう人が多ければ多いほど、人工甘味料を使う企業が増えて、そういった企業ばかりになってしまいます。

参考 避けるべき人工甘味料はコレ!

子供にはしっかりと手作りの料理を

こういったことを考えていくと、子供にもしっかりとした手料理を食べさせる必要があります。そして、日々の食材購入にも気をつける必要があります。

安いからという理由で購入するのは間違いなので、ある程度食費もかかることになるでしょう。そうなってくると、お金に余裕がないといけなくなります。

こういったことから考えても、お金がまともにないのに子供を育てるというのはかなり厳しいのです。特に定収入の人ほど、ボカスカと子供を産みます。そして、まともに給料がないのに、無計画で育てようとします。

そうなると、将来健康に苦しむ大人たちが増えてしまうんですよね。親がしっかりとしてないと、子供もだめになるのは当然のことなので、やはり次世代をより良くしようというのであれば、しっかりと計画を立てて結婚をし、そして子作りをしてもらいたいなと思っています。

こういったことを考慮しても、一夫多妻制でお金を沢山持っていて、たくさんの子供を育てる余裕のある男性にはたくさんの子供を作ってもらったほうが良いです。

今の結婚制度だと、こういったことは難しいですが、世の中のことを考えたら、夫婦共働きよりも、女性は家庭でしっかりと子供を支えて、お金に余裕のある男性がたくさんの妻を抱えて育て上げていくというのが一番ベストなのではないかなと思うわけです。

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ