スマートフォン解析

妊娠後期からの便秘に悩んだわたしがオススメする便秘解消方法

妊娠後期

私自身の妊婦生活中に一番悩んだのはやはり便秘でした。ネットや周りの人に聞いたりなど、解消法をあれこれ試しましたが、私にはあまり効果はありませんでした。

妊娠後期に運動不足からか便秘がちに…

仕事をしている間はそれなりに身体も動かしたし、水分をなるべくとるようにしていたからかあまり便秘自体気にはなりませんでしたが、後期に入ると一日中家の中での生活が続いた為、余計に便秘がちになってしまいました。初めての妊娠だったので思いきりふんばるのが自分自身恐怖でした。もしかしたら赤ちゃんが出ちゃうんじゃないか…なんて思ってました。

実際のとこ大丈夫なんですけどね。(笑)

後期に入るとお腹の張りが頻繁に起きた為、一人で出歩くのも心配で散歩もろくにできませんでした。近くのスーパーまで歩いて行こうとするも、すぐお腹が張ってしまって引き返す。歩いてすぐの公園まで散歩がてら行こうとするも、公園に着くまでが果てしなく遠く感じ、着いた頃には疲れていました。(これは単なる運動不足かもしれませんが…)

また、お腹の子が少し小さめだったのもあり、産婦人科の先生からは「予定日過ぎてからの方が大きさとかも安心なんだよね~」と言われていたのもあり、あまり積極的に歩いたり等しなかったんです。

青汁や乳製品などいろいろ試しました

それが余計に便秘を引き起こす原因になったのか、出ない日なんてザラに何日も続きました。さすがに苦しくなってきた頃、テレビやネット広告などで出ている便秘に効く青汁!とか、これを飲んだら翌朝スッキリ!というものを試しましたが、全部残念な結果に終わってしまいました。

もういい加減に出したい!と思った私は、元から乳製品を飲み過ぎるとお腹を下してしまうことを思い出し、とりあえず乳製品を飲みまくり、なんとか出しました。

そこからは自分の身体と相談しながらこれぐらいなら下すかな?とか、これぐらいなら大丈夫かな?と試行錯誤を繰り返し、ようやく自分にとっての適量の乳製品を飲む量がわかりました。

それからは、便秘に悩むことなくスムーズに出ることが増え、便秘から離れることが出来ました。

妊娠後期の便秘解消方法を振り返って

今、振り返って考えるとあの出し方は身体に良かったのかよく分かりません。が、出なくて苦しい日が続き、どうしても出したかったからこそあみ出した方法だったのかな?と思います。

まず、産婦人科の先生に相談すれば良かった話なのかもしれませんが、担当の先生は男性。さすがに便秘の相談はしにくかったです。看護師さん達に話すのもなんか恥ずかしく、病院の人達には相談出来ませんでした。

私自身の経験があるので、身近な人が妊娠し、もし便秘に悩むようなことがあればまず、病院の人達に相談することをお勧めします。自分で試行錯誤してやるのもいいとは思いますが、やはりそこは専門の人に相談して、薬をもらうとか、対策やアドバイスを聞くとかした方が安心ですから。安易に素人の人に聞いたとしても、妊娠中という特別な状態なのでやはり専門の先生だったり看護師さんに気軽に相談できる。そんな状況があると、便秘以外でも悩むようなことはないのかなと思います。

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ