スマートフォン解析

不妊症に対するルイボスティーの効能・副作用を知ろう!今知っておきたい不妊症の知識

ルイボスティー

ルイボスティーというお茶の名前を聞いたことがあるかと思います。これは不妊症にも効果があると評価されているお茶で、実際、南アフリカでも不老長寿にきくとして、300年間も飲み続けられてきました。

ここではそんなルイボスティーの効能や副作用について説明します。

 

ルイボスティーの効能 ~老化防止・アンチエイジング~

ルイボスティーの効能の一つとして、まずアンチエイジング、老化防止ができるということが挙げられます。

老化の原因の一つに、体内の活性酸素が増えるということがありますが、ルイボスティーは活性酸素を除去する力を強く持っています。そのため、ルイボスティーを飲み続けているうちに体内の活性酸素がどんどん減少して、老化の原因を除去できるというわけなのです。

SOD酵素の力

この活性酸素を除去する効果は、スーパーオキシドジスムターゼの力を言われています。これはSOD酵素とも呼ばれ、我々人間の老化の敵である活性酸素を撃退する力を持ちます。

 

しみの発生を予防する

これも活性酸素を除去することとつながっているのですが、ルイボスティーはシミの発生を予防することもできます。しみの原因は、新陳代謝の停滞です。

そして、新陳代謝を停滞させる原因の一つが活性酸素です。なので、活性酸素を除去すれば新陳代謝もスムーズになってしみの発生を防げるということなんですね。これはデトックス効果の1つで、体内に溜まっている老廃物などを除去する役割も持つということになります。

 

シワ防止になる

さらにルイボスティーは肌のシワを防止することもできます。そもそも皮膚のシワがどのように生まれるかというと、皮膚の膠原線維という部分が破壊されることにあります。そして、この膠原線維を破壊する物質は何かというと、これも再三にわたって登場しますが、やはり活性酸素なんですね。(活性酸素だけではありませんが活性酸素が代表的なものです)

いわば活性酸素は人間の健康・美容の諸悪の根源なのですが、ルイボスティーはそれをとことん除去してくれるわけです。このような理由から、アフリカではルイボスティーがアンチエイジングの妙薬として愛用されてきたんですね。

 

花粉症の予防

ルイボスティーは花粉症の予防にも。花粉がきつくなってくる時期にルイボスティーを飲むことで、辛い花粉症の時期を乗り越えることができます。

ルイボスティーは薬とは違うので危険性も少なく健康維持のために飲みたい人にも最適なんですね。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にも良いと言われているルイボスティー。アトピーなどの皮膚炎は肌の乾燥も原因の1つであり、豊富に含むミネラルも効果ありとされます。

また、SOD酵素によって免疫力を高めてくれるからこそ、アトピーにも効果を発揮するのではないかと言われています。ここまで読んで来ると本当に万能な健康茶の一種といえますね。

 

腸内環境正常化作用

ルイボスティーは腸内環境を整える作用を持ち、そのため便秘にも効くと言われています。どのようにして腸内環境を整えてくれるのかというと、腸内にある悪玉菌と善玉菌のバランスを整えてくれて、悪玉菌から排泄される毒素を少なくする働きをもちます。

悪玉菌が排泄する毒素は発がん性物質も含まれており、それは後ほど腸内から吸収されてしまうのです。吸収された毒素は血液をめぐり、全身に分布していきます。顔の肌に分布すれば、ニキビの原因になったり、肌荒れの原因になったりするのです。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やし、腸内環境を正常に保つということは、美肌にも効果的だといえるんですね。

 

ルイボスティーの副作用

実は、ルイボスティーには副作用がほとんどと言っていいほどありません。まず普通のお茶ですから、その時点でほぼ副作用がありませんし、しかも普通のお茶と違い、カフェインもないのです。カフェインがある場合、妊娠中は控えないといけないなどのルールがありますが、カフェインすらないなら、もう副作用の発生する要素がないのです。

もちろん、飲み過ぎても何も意味はないので、あくまでおいしいと感じられる程度の適量がいいでしょう。ただ、ノーリスクでこれだけの健康効果を得られるというのは、お茶ならではのメリットだといえます。

カフェインの副作用

カフェインは摂り過ぎることで肝臓などに負担をかけてしまいます。なぜなら、カフェインは服用すると肝臓で初回通過効果を受けるわけなのですが、ここで肝臓に大きな負担をかけてしまうわけです。また、カフェインは精神的な方面にも作用を及ぼします。眠気を冷ます効果があることから、精神的に良い影響をあたえると考えられがちですが、実は飲み過ぎることで強い不安感やパニック発作などを引き起こす可能性もあります。精神的な病を抱えている人は、注意をしないといけない飲み物なのです。その点、ノンカフェインのルイボスティーは安心といえます。

 

卵子の質を上げるのに、なぜルイボスティーが効果的なのか

卵子の質を上げることは、妊娠率を高めるためにとても重要なことです。

そのために役立つものの一つとしてルイボスティーが挙げられますが、ここではなぜ、ルイボスティーが卵子の質を高めてくれるのかを解説します。

 

亜鉛・カリウムを豊富に含む

まず、卵子に限らず私たちの細胞のすべてを活性化してくれるものがミトコンドリアです。

ミトコンドリアが酸素と栄養素を用いてATPというエネルギーを生み出すことで、私たちは活動をできるのです。

つまり、ミトコンドリアが元気かどうか=私たちが元気かどうか=卵子の質、という風に、すべてはミトコンドリアを元気にすることから始まるんですね。

そして、そのミトコンドリアが好む栄養素がカリウムなのです。

カリウムがミトコンドリアの運動を活性化することはよく知られており、医学の分野でのこの摂取が奨励されています。また、同じく卵子が成熟するためには亜鉛も欠かせないと言われています。

亜鉛やカリウムを豊富に含んだ食品を取ることが卵子の質の改善に欠かせないわけですが、ルイボスティーはまさにその両方を満たしており、理想的な飲み物ということです。

 

高い抗酸化作用を持っている

さらにルイボスティーが優れている点は、高い抗酸化作用を持っているということです。

抗酸化作用というのは、文字通り体が酸化するのを防ぐということです。酸化をさらに説明すると、活性酸素という物質が増えることです。

活性酸素は体のすべての不調の原因ともいえるもので、これをできるだけ除去することが、健康・美容には欠かせないと言われています。

ルイボスティーは活性酸素を除去する力が非常に高く、それを知っている南アフリカ共和国の人々は300年前からこれを不老長寿のお茶として愛飲していました。そのように昔から親しまれてきたお茶なので、安心で信頼できるんですね。

 

カフェインがないから副作用もなし

さらにお茶の副作用として知られるのがカフェインの過剰摂取ですが、ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。なので、副作用は万が一にも起きないんですね。

よほど飲み過ぎたら別ですが、それは水でも起きる副作用です。

このように体にとって非常に安全で、しかも高い健康効果を持っているため、卵子の質を改善して妊娠率を上げるためにも、ルイボスティーが効果的と言われているわけです。不妊症で悩んでいる方はぜひ試してみて下さい。

妊娠中のカフェイン摂取

妊娠中に摂取したカフェインは胎盤を通じて胎児にも影響をおよぼすと言われています。大人であればカフェインを摂取したら排泄することが出来るのですが、まだ胎児はそのような力を持っていません。そのため、お母さんの体から摂取されたカフェインは胎児の身体に溜まっていくことになります。このことからも、妊娠中はカフェイン摂取を控えるべきといえるのです。

 

抗酸化作用でキレイにもなれる、おすすめのルイボスティーはこちらです。

>> 妊活中の女性に選ばれているのルイボスティーはこちら

↑のページのお客様の声のところにも書いていますが、妊活が終わって出産後にもキレイになるために継続して飲んでいる方もいらっしゃるんですよ。(下の感想はお客様の声から引用させていただきました。)

 

妊活中・出産後の利用者の感想(お客様の声から引用)

お客様の声

妊娠をきに購入しました。安くて飲みやすくて、そしてノンカフェインで安心です。出産後も安心して飲めるのでまた購入してしまいました。これからもお世話になると思います!!

お客様の声 ルイボスティー

ただいま妊活中なので、ルイボスティーは良いと話なので飲み始めました。 そんなにクセが無く渋くもないので飲みやすいです。 抗酸化作用 期待します。

お客様の声 ルイボスティー

妊婦の時から今も そして産まれてきた赤ちゃんにも 7ヶ月になりますが 飲ませてます(^^)
やかんに濃いめに煮出して お風呂にも使ってます♪体の外から中からルイボス効果で いっぱいです♪飲みやすいうえに安いので以外と使っちゃいます。これからも購入します(*・∀・*)

>> 妊活中の女性に選ばれているのルイボスティーはこちら

毎日ルイボスティー飲むの面倒で続かないと思うのであれば・・・

ただ、毎日ルイボスティーを飲もうと思っても、実際続かないですよね?せっかくお金を出して購入したのにもかかわらず飲まないのであれば宝の持ち腐れ。

というわけで、ルイボスティーに含まれている成分を効率的に摂取するためのサプリメントを発見したのでご紹介します。それがこちらのVEGEMAMAと呼ばれるサプリです。

VEGEMAMA-ベジママ


ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ