スマートフォン解析

筋肉を付けてバランスの良いスタイルをキープすることが女性らしい痩せ方につながる

女性とダイエットというのは永遠の友達、あるいは敵といってもいいくらいの関係にあります。女性がダイエットをする上で一番やってしまいがちな間違いは「体重だけを気にする」ということです。

ここではなぜそれが間違いなのか、これが間違いならどのようにダイエットをすればいいのかという女性のためのダイエットを説明します。

sponsored link

体重は一つの指標にすぎない

たとえば、「体重は軽いけど肥満体の女性」と「体重は重いけどスリムな女性」がいたら、男性はどちらを好むでしょうか。言うまでもなく後者の女性ですよね。

これは極端な例ですが、このような体重とスタイルの関係というのは往々にしてあります。

前者の女性は完全に脂肪だけの体で、後者の女性は筋肉がたくさんある女性ですね。たとえば芸能人でいうなら安室奈美恵さんなどはまさに後者のタイプです。あれだけ痩せているのに、何であんな激しいダンスができるんだろう、と思ったことがある女性は多いでしょう。

彼女は確かに痩せていますが、筋肉の率が高いので、筋肉自体は十分にあるのです。その分、彼女の体重は意外と重いはずです。

というように、体重というのは実は女性のスタイルを語る上でそんなに重要な指標ではないんですね。確かにわかりやすい指標なので、これをモチベーションを高めるために活用するのはいいのですが、気にしすぎてバランスの悪い痩せ方をしないようにしましょう。

>> 基礎代謝を増やして痩せやすい体質になるためのポイントとは?

女性ももっと筋肉をつけた方がいい

世の中の女性はもと筋肉をつけた方がいい、というのがダイエットの専門家の共通した意見です。

「筋肉つけると太くなるじゃん」という女性もいますが、太くなるほどの筋肉というのは、そうそうつけられるものではありません。

たとえば砲丸投げや陸上の短距離走、全国大会に出るレベルのテニス部のレベルになって、ようやく目に見えるくらい太くなる、というものです。基本的に、一般の大人の女性の場合、こうしたハードな運動はもうしようと思ってもできません。

ダッシュしているつもりでも、高校の陸上部のアップのジョギング程度のスピードしか出ていない、ということがほとんどなのです。つまり、一般の女性が必死に運動しても、もはや筋肉が太くなるような無酸素運動はできないということです。

これは逆にいえば「どれだけ運動しても、筋肉で太ることはない」ということです。なので、安心してどんどん筋肉をつけて、健康的な体になるようにしましょう。

>> ダイエットのためにサプリメントを有効に活用しよう!

ダイエット 低糖質ダイエット - 酵素ダイエット - 置き換えダイエット - 食事と女性ホルモン - 贅肉がつきにくい身体 - プチ断食 - 肥満と遺伝 -効果的な食べ物  - ダイエットプラン - ダイエットの罠 -
ファッション モテるファッションスタイル - TPO - コーデの基本 
恋愛 モテる女性の仕草- 隙を作る - 女性からモテる女 - 容姿外見 - 笑顔の重要性 - 男性のプライド - モテ髪 - モテ眉 
不妊治療 卵子の質を高める方法 - 葉酸サプリの危険性 - 葉酸サプリに含まれる発がん性物質
番組 みんなの家庭の医学




コメントを残す

このページの先頭へ